« 世界の無形遺産〜オルティンドー | トップページ | 時代を駆ける〜土井香苗 »

2010年7月 4日 (日)

朝鮮学校 保護者の思いは

2010年3月6日付東京新聞「こちら特報部」より


朝鮮学校 保護者の思いは


四月から実施予定の高校無償化で、朝鮮学校の扱いが論議になっている。除外論は朝鮮学校を「北朝鮮直営」とみる考えからくるようだ。でも、実態はどうか。児童生徒の半数以上が韓国籍で、教育内容も北朝鮮国内とは異なるという。子どもを通わせる韓国籍の保護者の一人に聞いてみると。(出田阿生)


無償化問題「自尊感情育てたい」


民族教育 差別と 闘うため


無償化問題をめぐっては、全国の弁護士332人が5日、鳩山由紀夫首相と川端達夫文部科学相あてに「(朝鮮学校除外は)学習権が保障されている外国籍の子どもに対する重大な人権侵害」と抗議する意見書を提出。日本弁護士連合会(日弁連)も同日、「教育を受ける機会が政治・外交問題に左右されてはならない」という会長声明を発表した。
韓国籍の在日コリアン三世で現在、高校一年の長男を大阪市内の朝鮮学校に通わせる甲南大学の高龍秀教授(韓国経済)は「私は北朝鮮を支持するわけではない。それでも、子どもを朝鮮学校に入れたのは、民族の言葉や文化の学習に最適だったから」と話す。
当初、北朝鮮寄りの政治色を懸念していたが「実際は気にならない程度だった」(高教授)。
例えば、教科書は日本の高校とほとんど変わらない。数学など理数系の教科書は文章がハングル表記されているだけ。現代文や古文、漢文を学ぶ日本語の教科書は表紙以外は見分けがつかない。
朝鮮史の教科書はどうだろうか。「現代史にはたしかに北朝鮮の現体制を賛美する記述はある。だが、子どもらは日本のニュースに接しており、冷静に判断している」とみている。
ちなみに2002年9月からは保護者の要求もあり、初級、中級学校(日本の小中学校に相当)で金日成、金正日親子の肖像画が外された。
教科書は1990年代から複数回改訂され、日本の高校に近い内容になった。日本の大半の大学は現在、朝鮮学校卒業生の受験資格を認め、最近では国公立や私立の難関大合格者も増えている。私大では、朝鮮学校への指定校推薦入学枠を設けたところもある。
高教授が朝鮮学校を選んだ最大の理由は「子どもの自尊感情を育成」したかったからだ。見学した際、子どもたちの生き生きとした表情が印象的だった。「在日も四世ともなると、自分のルーツが薄くなる。日本の学校では民族教育を受けられない。なぜ朝鮮人、韓国人として日本社会に生きているのか。その理解抜きに差別やいじめに立ち向かうことは難しい」
高教授自身は高校時代から本名を名乗ったが、「なぜ自分の国籍が違うのか友達に説明もできなかった。正直、しんどかった」と振り返る。
韓国でも、今回の無償化問題は注目を集めている。複数の新聞が「朝鮮学校も無償化の対象にすべきだ」と報じた。
全国には、日本の高校にあたる朝鮮高級学校が10校、韓国学校が4校ある。ただ、朝鮮学校の方が在日向け民族教育をより重視する傾向にある。
政府内には日本と北朝鮮には国交がないため、朝鮮学校は無償化の対象外にすべきだという声がある。だが、東京第二弁護士会は会長声明で「同様に国交のない台湾系の中華学校については、除外対象として想定していない」と指摘している。

|

« 世界の無形遺産〜オルティンドー | トップページ | 時代を駆ける〜土井香苗 »

コメント

日本の学校では在日コリアン生徒が自尊心を持って生きられる教育を受けられないとする高教授の指摘は重要。

投稿: ☆諒 | 2010年7月 4日 (日) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201284/35632242

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮学校 保護者の思いは:

« 世界の無形遺産〜オルティンドー | トップページ | 時代を駆ける〜土井香苗 »